ファイルを持った女性

近日、企業や学校で精神的に滅入る人が増えています。
心理カウンセラーは、そんな悩みのある人の話を聞くカウンセリングを行うことで、精神面をサポートする仕事です。
悩みのある人の話をじっくり聞き、改善策を見出す仕事なので、人の話をよく聞くことができる人に向いています。
また、解決策を見つけて指導するというものとは異なります。
悩みのある人に寄り添い、自分で解決していく力を導き出すよう心のケアをする人が心理カウンセラーです。
心理カウンセラーとして働きたい場合、相談者に信頼を得るために資格取得はひとつの信頼方法です。
必ずしも資格が必要な職業ではありませんが、技術面を習得したという証明は就職活動にも役立ちます。
心理カウンセラーの資格の種類は多数あり、大学の心理学部で学ぶ、専門学校で学ぶ他に通信学校で学ぶ、という方法もあります。
たくさんの民間団体が基準を設けた試験を実施しています。
どれも一定のカリキュラムを学んだという証明になるので、どれがよくてどれが悪いというものはありません。
通信学校はさまざまな企業が講座を開いており、自分に合う講座を見つけやすく、学習時間の融通や手ごろな費用面で注目を集めています。

心理カウンセラーになるには

心のケアをする仕事にはいくつかの種類があります。
精神科医、臨床心理士、心理カウンセラーなど。
その違いとは何でしょうか。
精神科医とは、医学部を卒業し、医師国家資格を有した医者のことです。
臨床心理士とは、日本臨床心理資格認定協会の指定を受けた大学院修士課程の修了が必要で、その後、認定試験に合格した者を指します。
医師とは異なるため、投薬などの医療行為は行えませんが、主に、相談者とのカウンセリングや心理治療、心理テストなどを行います。
そして、心理カウンセラーとは、臨床心理士同様、医療行為は行わず、カウンセリングなどを通して、相談者の悩みを軽くするお手伝いをすることを業務とします。
医師に相談するには抵抗がある、臨床心理士に相談するほどでもない、などと不安を感じ、相談をためらう人もたくさんいます。
そういう人々にとって、心理カウンセラーはとても身近で、友人に話すような感覚で相談できる、そういう存在になりつつあります。
そのため、活躍の場は広がり、やりがいのある仕事となっています。
心理カウンセラーになるには、様々な方法があります。
大学、短大、専門学校などの心理学系の学科に進むのが一般的です。
しかし、カウンセラーの資格を取得したいが、仕事、育児があり、毎日学校に通うことはできない、そういう人はどうしたら良いのでしょうか。
通信学校があります。
通信学校では、自分のライフスタイル、支払える学費の範囲など、自分に適した学び方を選ぶことが可能なのです。
現代の日本はストレス社会です。
多くの人が鬱病などの精神疾患に苦しんでいます。
夢を諦めることなく、通信学校で資格を取得し、苦しむ人々を助け、社会に貢献できるのです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031